がん対策にも!遺伝子検査の活用の幅がますます広がりそうです!

先日政府が発表した「第3期がん対策推進基本計画」では「ゲノム医療」を推進することが柱の一つとして盛り込まれました。

ゲノム医療とは、簡単にまとめると、ひとりひとりの遺伝子を調べ、それに基づいて予防法や治療法を変えていこう、ということです。

病気に関連する遺伝子検査には信憑性や活用範囲などの問題が多いのが現状ですが、今後こういった課題を解決し身近になることが予想されます。

ダイエットや美容はもちろん、病気にも生まれ持った遺伝子は大きく関係します。

今すぐは難しいと思いますが、今回の第3期がん対策推進基本計画によって今後病気の分野にも遺伝子検査が正しく広がっていくことが期待されます!