遺伝子の置換による未来の美容②

前回、糖代謝リスクが高い人が、遺伝子を置換しβ3ARが変異していない体質になることがダイエットに繋がるという未来の話をしました。

今回のテーマも引継ぎ遺伝子置換による未来の美容の可能性についてです。

最近では日本でも美容整形が当たり前になっており、まぶたを二重にするためにメスを入れたり糸で縫ったりする方が増えています。

しかし、顔にメスを入れることに抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そう思っている方には将来的に現実になるかもしれない遺伝子置換による二重獲得法が合うかもしれません。

一重まぶたか二重まぶたかは多くの場合遺伝子で決まっています。

そのまぶたの形質を司る遺伝子を置換することで二重まぶたを獲得することが可能になるかもしれません。

しかも、この方法では仕上がりが自然になる可能性が高いです。

遺伝子に関する技術は今はまだ医療系や研究室の中だけの話のことが多いですが、非常に速いスピードで進んでいます。

私たちの生活に応用されることもそう遠くないかもしれません。