遺伝子操作で両親が望む子供を作れるのか?

サッカー、ポルトガル代表のクリスティアノ・ロナルド(32)はガールフレンドと「スーパーベイビー」(デザイナーベイビー)を作る計画をしていることを6月18日付の英紙サンが報じました。
遺伝子操作や遺伝子編集など、この分野の技術の進歩は速く、多くの技術が確立されてきています。
技術的な問題は解決されつつありますが、一方で倫理的な問題があるのではないか、という声も多くあります。
遺伝子の優劣によって差別が生まれるのではないか、両親が望まなかった形質を持った子供を愛せないのではないか、遺伝子の多様性が失われ種として弱くなるのではないか…
技術の進歩に送れないように議論を尽くし、正しい理解と法整備を整えることが求められています。