遺伝子の置換による未来の美容①

前回、筋ジストロフィーの治療に遺伝子置換が始まったことをお伝えしました。

しかし遺伝子置換による治療といっても、あまり身近に感じていない方も多いのではないでしょうか?

実はこの方法は今後の美容業界において非常に大きな影響を与える可能性があるのです!

たとえば、ダイエット。

自分ではどうしても食べる量を減らせない、という方はが胃のサイズを小さくする手術を行う、というケースがあります。

この場合、もし糖代謝リスクが高いのであれば、β3ARという遺伝子を変異していないものに置き換えることで大好きな糖質の摂取量を自然と減らせたり、同じ量を食べても太りにくくすることが可能になるのです。

美容や健康は遺伝子によって決まってしまっている部分も多くあります。

今は遺伝子を知って、体質に合わせた方法を行うことが主流ですが、今後、持って生まれた遺伝子を変えることも可能になるかもしれません。