COLUM コラム

2015年 12月 11日

その他

遺伝子から見る下半身太りと炭水化物ダイエット


下半身が知らない間にサイズが大きくなって、半年前に買ったズボンが履けなくなっていたなんてことは無いですか??

陸上部で短距離走に所属していたなら想像しやすいと思いますが、
短い距離を思いっきり走る短距離のような、瞬発系の筋肉を使う種目だと、筋肥大が進みやすいんです。
なので、昔短距離走で活躍していた方が歳を重ねて、
あの現役時代の筋肉がすべて脂肪になったと感じるほど「ヤバいっ!!」と思うことがあるかもしれません・・・

しかし、下半身太りが進んでズボンが履けなくなっても遅いことはありません!
半年前に買ったズボン。
今履けなくたって、あなたに合ったダイエットをすればスラっと履くことができますよ!

あなたが今、何か取り組んでいるダイエットってありますか?
もしかして、炭水化物ダイエットを行っていたりしますか?
炭水化物ダイエットは簡単に言うと
食事から炭水化物をある程度抜くダイエットですが、
結構メジャーでやってる人も多いですよね!
でも、、、
もしかしたらそれはあなたに合ったダイエット方法ではないかもしれません。
もし炭水化物ダイエットをしていて、効果がうまく出ていないのであれば、
遺伝子的にそのダイエット方法があなたの身体に合ってない可能性があります!!

もし下半身太りから美脚美人になったら、
履けなくなったズボンを履いて、スラっと歩いているかもしれないですね!!
風を切りながら、颯爽と歩いてるイメージが頭の中に浮かびます。
いつの間にかに美脚になっていたら、周りの皆もびっくりです!
もしかしたら、下半身太りで悩んでいた頃と無縁の生活をしているかもしれません。

もしもあなたが下半身が太りやすくて、炭水化物ダイエットを試しているけど、うまく効果が出ていないのなら、
それは遺伝子に合ったやり方じゃないだけかも。

実は、脂質代謝リスクと言って遺伝子的にこのリスクが高い人がいますが、
そういう人は、下半身から太りやすく、炭水化物を抜いても痩せにくいんです。
これはもう遺伝子で決まってしまっているので、
炭水化物ダイエットで効果が出にくいのは当たり前なんです。悲しいですが。
もちろん、炭水化物ダイエットが適している遺伝子を持っている方もいます。

脂質代謝リスクが高い方が食事で気をつけていただきたいのが、炭水化物を控えるのではなくて、脂質を控えること。
例えば、たれの焼き鳥を食べていたら、塩に変えたり。唐揚げの代わりに揚げない唐揚げを食べたりするだけでいいんです!
実は、遺伝子的に太りやすいリスクが分かっていれば、食事の改善って結構簡単なんです!!
しっかり遺伝子のリスクを調べれば、昔履いていたズボンを履ける日だってしっかり分かります!!
遺伝子検査をして炭水化物ダイエットが自分の遺伝子に合ったダイエットなのか、是非調べてみてくださいね☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ別  コラム一覧

遺伝子博士で健康と美への近道を

遺伝子博士を購入する