COLUM コラム

2015年 12月 11日

脂質代謝リスクが高い人がすぐに変えるべき3つの食事ポイント

遺伝子検査の結果で脂質代謝リスクだと分かったけれど、
食事ってどうやって意識すればいいんだろう?って思ったことはありませんか??

 

食事を意識することが出来るとダイエットの近道にはなりますが、
単に炭水化物を減らしたりすればいいということではないんですね…

脂質代謝リスクが高いと分かったら、遺伝子に合った食事をすることが一番の近道です!
今回は脂質代謝リスクが高い方に食事で意識して変えられるポイントをお伝えします!!
これを読めば遺伝子に合った自分の食事の取り方が分かりますよ。

すぐに変えられるポイントはこれ!

 
・唐揚げ、とんかつからステーキへ

脂質代謝リスクが高い方は油物で太りやすい体質です。
なので油物のおかずはステーキなど油が少ないものに変えていきましょう!!
おススメは脂質が少ない赤身です。
またローストビーフなども脂質代謝リスクの方にお勧めしたい一品です!
 
・デザートは和菓子!
シュークリームやロールケーキなどはクリームの中や生地の中にバターや動物性の油がよく使われています。
どうしても甘いものが食べたくなったときは和菓子を食べるようにしましょう!!
和菓子は脂質がほぼなく、また小豆を使ったものだとたんぱく質も取れるので一石二鳥です!
 
・ドレッシングはノンオイル系にチェンジ!!

今はスーパーなどのドレッシング売り場ではいろいろな種類が置かれていますよね。
実は、普通のドレッシングは結構脂質が高いんです。
シーザードレッシングを見かけたら後ろの栄養素をチェックしてみてください!
脂質が高くてびっくりするかもしれません。。
今はノンオイルドレッシングでもとてもおいしいものばかりで、
本当に油使ってないの!?って思うくらいですね。
ノンオイルでチーズのドレッシングもありますし、ゴマもあります!
是非自分の好きな味をノンオイルで探してみてくださいね!
 
少しの意識で効果抜群!

こうやって見るとそんなに難しいことではないですよね。
遺伝子に合ったやり方が分かれば、大きな制限なしでしっかりと痩せることが出来ます!!

脂質代謝リスクが高い方は上記3つのポイントを今日のご飯から意識して行っていきましょう☆
少し意識ができれば自分に合った食事のとり方にを変えることができます。
色々調べてやってみて結局効果がなかったっていうほど時間が無駄なことはありません!!
自分の遺伝子に合った食事でダイエットの近道を歩きましょう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ別  コラム一覧

遺伝子博士で健康と美への近道を

遺伝子博士を購入する