新型コロナウイルスの影響に関係するお知らせは以下をご確認ください。

遺伝子検査解析遅延について
サポートデスク受付縮小について

COLUM コラム

2016年 8月 19日

その他

遺伝的にひ弱なブルドックとチーター

ペットとしても人気が高いブルドック。

最近の研究で、遺伝的にひ弱であることが分かりました。

それは「遺伝的な多様性が低い」から。

同じ種類の動物でも、個体間でDNAが少しずつ異なり、その差が個性と病気や環境変化などに対する適応能力を生みます。

ブルドックは、特徴的な外見を手にするための意図的な交配などにより多様性が低くなり、ひ弱になったと考えられています。

同じような現象は自然界でも起こっており、チーターも遺伝的多様性が低く、絶滅の危機に瀕しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ別  コラム一覧

遺伝子博士で健康と美への近道を

遺伝子博士を購入する