新型コロナウイルスの影響に関係するお知らせは以下をご確認ください。

遺伝子検査解析遅延について
サポートデスク受付縮小について

COLUM コラム

2017年 8月 7日

その他

菊は黄色、もう古い!?青い菊が身近になるかも!

桜といえばピンク、バラといえば赤、菊といえば黄色…

このように、お花の名前を聞くと思い浮かべる色はだいたいみなさん同じなのではないでしょうか?

でもこれからは、お花と色が結びつかない、人によって全く違う色を思い浮かべる、そういう時代になるかもしれません。

遺伝子組み換えの技術を使えば、本来そのお花が持たない色素を持たせることができるのです。

この技術を活用し、「青いバラ」というのはすでに商品化されていましたが、「青い菊」というものの開発に成功したと農業・食品産業技術総合研究機構とサントリーグローバルイノベーションセンターが発表しました。

カンパニュラとチョウマメの遺伝子を導入することで色素構造を変え、青色の菊になりました。

遺伝子に関する研究はさまざまな分野に応用されています。

これからも多くの研究が身近になっていきますので楽しみですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ別  コラム一覧

遺伝子博士で健康と美への近道を

遺伝子博士を購入する