COLUM コラム

2015年 12月 11日

その他

ヘアトラブルが気になる方は糖化対策を行いましょう!

乾燥の季節、髪の毛のお悩みを抱える方も多いのではないでしょうか?
髪の毛のケアももちろん大切ですが、
遺伝的体質に合わせて内側からのケアも行うことで
効率よくヘアトラブルを防ぐことが可能になります。
その一つが、「糖化」
糖化とは、食事なとで摂取した糖と体内のたんぱく質が結びつくことで、
AGEs(糖化最終生成物)という物質が作られます。

よく、酸化=サビと言われますが、糖化はカラダがコゲた状態に例えられることが多いです。

髪の毛もたんぱく質でできていますが、髪の毛のたんぱく質が糖化することで、
髪のボリュームが失われたり、ハリがなくなったりとヘアトラブルにつながります。

また、糖化によって作られたAGEsは毛母細胞を攻撃します。

毛母細胞とは髪の毛を作る細胞で、メラニン色素を受け取って黒い髪の毛を作ります。
毛母細胞が攻撃を受けると、正常に髪の毛を作ることができなくなるのです。

ボリュームやハリがなくなったり、白髪が増えたりすることの原因の一つは「糖化」なのです。

しかし、ヘアトラブルの原因は糖化だけではなく、他にも多くの原因があります。
すべての対策を行うことは現実的には困難ですので、ご自身の遺伝的に影響を受けやすい原因を知り、それを重点的に行うことがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ別  コラム一覧

遺伝子博士で健康と美への近道を

遺伝子博士を購入する