新型コロナウイルスの影響に関係するお知らせは以下をご確認ください。

遺伝子検査解析遅延について
サポートデスク受付縮小について

COLUM コラム

2015年 12月 11日

逆効果の可能性も?!リンゴダイエット

いろいろなダイエット法が流行っては廃れていき、成功した人も失敗した人もいると思いますが、リンゴダイエットはうまく痩せた人と反対に太った人に分かれるダイエット法のひとつではないでしょうか?

リンゴダイエットとは、毎日リンゴを食べたり、一食リンゴに置き換えるダイエット方法で、手軽にでき、効果が出た方が多く、人気に火が付きました。

このリンゴダイエット、成功した人も多いのですが、効果が出ないどころか、反対に太ってしまった、という方も多いようです。

それはなぜでしょうか?

その原因のひとつが「糖代謝リスク」です。

糖代謝リスクが高い方は、糖質で太りやすい体質です。

リンゴにはダイエットにメリットがある成分が多く含まれていますが、糖質も多く含まれています。

糖代謝リスクが高くない方は、糖質を上手に代謝できるのでリンゴダイエットのメリットの方が大きくなりますが、糖代謝リスクが高い方は、リンゴに含まれる糖質のために太ってしまう、と考えられます。

成功した人が多く、人気があるダイエット法でも自分に効果があるかどうかは別問題。ダイエット法も上手に選びたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ別  コラム一覧

遺伝子博士で健康と美への近道を

遺伝子博士を購入する