新型コロナウイルスの影響に関係するお知らせは以下をご確認ください。

遺伝子検査解析遅延について
サポートデスク受付縮小について

COLUM コラム

2017年 5月 1日

見た目

糖化と髪の毛の関係は?

糖化が進むとAGEs(終末糖化産物)が増えます。
AGEsは炎症系サイトカインを増やし、髪のボリュームを失う原因を作ります。
また、ケラチンが糖化すると髪の強度が下がり、コシやハリを失い、キューティクルが糖化することで髪の透明度が下がり、ツヤが失われる原因となります。
このように糖化は多くのヘアトラブルの原因となります。ヘアトラブルが気になる方は、外側のケアと合わせて、食事などの内側から糖化の対策を行うことが必要です。
特に、糖化リスクが高い方は優先的に糖化対策を行うことで効率よくヘアトラブルを防ぐことにつながります。
まずはあなたが遺伝的に糖化が進みやすいのかそうではないのかを調べましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ別  コラム一覧

遺伝子博士で健康と美への近道を

遺伝子博士を購入する